多重債務 なぜなるの

クレジットカードによる多重債務

クレジットカードによる多重債務へ転落

多重債務は気が付いたらなっていたというケースが非常に多く、中でもクレジットカードはその大きな原因のひとつになります。

 

社会人になると多くの人が便利に買い物をしようとクレジットカードを作りますが、使用する際にはお金を使っているという感覚を絶対に忘れてはいけません。

 

クレジットカードは現金でのやり取りがないのでどうしてもお金を使っている感覚が薄くなってしまい、ついつい使いすぎてしまうことがあります。

 

翌月の請求額を見てびっくりした経験がある人も少なくないと思いますし、そうならないためにもクレジットカードを使ったらいくら分使ったのか必ず記録しておきましょう。

 

返済能力を超えた利用は多重債務に直結してしまいますし、返済の遅延が続けば利用停止になり、別のクレジットカードも利用できなくなる可能性が高いです。

 

また信用情報機関に返済の遅延が記録として残りますので、クレジットカードはもちろんカードローンやキャッシングなどの利用も難しくなります。

 

加えて住宅ローンや自動車ローンのように大型ローンも組めなくなる可能性が高いので、その後の人生に大きく影響してくるのです。

 

このようにクレジットカードは安易に使うと非常に怖いものですから、必ず返済できる範囲内で無理のない利用を心掛けてください。

 

特に初めてクレジットカードを作る人は正しい使い方をしっかり学び、失敗しないように情報収集をしておきましょう。