気づいたら 多重債務

気づいたら多重債務だった

多重債務になっていたことに今気づいた

多重債務は気付いたときにはすでにその状態になっているケースが多く、防ぐためにはお金を借りた後ではなく借りる前に対策を立てておく必要があります。

 

 

たとえば消費者金融からお金を借りる際に収入に対して返済額は余裕があるからという理由だけで借りると最終的に返済ができなくなる可能性があります。

 

収入が十分にあるのになぜ返せなくなるのかというと、収入面のみしか見ておらず支出面や業者の返済システムについてリサーチができていないからです。

 

収入が多くても支出が多ければ使えるお金を確保することができませんし、カードローンやキャッシングは金利が高いうえにリボルビング方式の返済システムなので返済中に何度も利用するとその分金利も支払わなければならなくなります。

 

多重債務に陥る人のほとんどが収入に余裕があるから大丈夫という安易な借り方をしており、いつの間にか多重債務になっているのです。

 

これを防ぐためにはまずしっかりとした返済シミュレーションをしなければならず、それには収入に対して支出はいくらなのか、万が一のことがあったときにどう対応するかなどリスクマネージメントをきちんとしておかなければなりません。

 

さらに利用する業者の返済システムや金利をきちんと確認し、どのくらいの期間で完済できるのか目途を立てておきましょう。

 

これをするかしないかで多重債務になるかならないか決まるといっても過言ではありませんから、利用する人は必ず実践してください。