債務整理 デメリット

債務整理のデメリット

多くの多重債務の人にとって債務整理は最後の手段と言えるものだと思いますが、借金問題を解決できる代わりに制限されることも出てくることを覚えておかなければなりません。

 

そこでここでは債務整理をすることで生じるデメリットについてお伝えしていきたいと思います。

 

まずはじめに債務整理をするとその後5年間はクレジットカードやキャッシング、カードローンなどの利用ができなくなります。

 

これは信用情報機関に金融事故の記録が残るからで、その記録がなくならない限り審査には通らないでしょう。

 

なぜなら金融機関側は審査を行う際に必ず信用情報機関から申込者の状況を確認し、融資しても大丈夫か確かめるからです。

 

つまり債務整理をするとすべての金融商品が利用できなくなるということです。

 

そして5年間というのもあくまで目安であり、5年経過したからといって必ず記録が消えるわけではないことも覚えておきましょう。

 

また、債務整理をすると一部の国家資格を所持・取得ができなくなります。

 

借金に追い詰められ崖っぷちの人

こちらも債務整理終了後5年間という目安がありますので、現在国家資格を持ちながら債務整理手続きをしようと思っている人は自分が該当する資格を所持していないか確認しておきましょう。

 

ただしよく噂になっているような戸籍に自己破産の記録が残るだとか、勤務先に通知が来るということは一切ありませんので通常の職業であれば問題なく働くことができますし職場に債務整理をしたことを知られる心配もありません。