自己破産 手続き

自己破産の手続き方法

大きな債務を背負い続ける人

借金を返済していくことがどうしてもできなくなった多重債務の人にとって最後の手段と言えるのが自己破産です。

 

自己破産は認められるとその時点で借金の返済義務がなくなり、生活再建もしやすいのが大きなメリットと言えます。

 

これまで取り立てに苦しめられていた日々とも決別できますから、精神的にもすっきりとした気持ちで再スタートできるでしょう。

 

それでは自己破産はどのように手続きを進めていけばいいのかというと、まずは手続きを代行してくれる弁護士を探します。

 

自己破産は裁判所から認めてもらわなければならず、その際に提出する書類も任意整理・民事再生のときより多いですから確実に進めていくためにも弁護士は必ず必要な存在と言えます。

 

裁判所に認めてもらう条件は支払い能力がないということ、過去に自己破産をしている場合は7年間経過しているということがあります。

 

また3か月程度の生活費を除いた財産はすべて手放さなければなりませんので、住宅や自動車、貴金属など所持している場合はそれらの情報も提示する必要があります。

 

そして債権者の情報も揃え、申し立て書類を作成したらそれを裁判所へ提出します。

 

そこで不備がなく、条件を満たしていれば晴れて自己破産成立となり、再スタートとなります。

 

自己破産は文字通りゼロからのスタートとなりますので、ほかの方法で解決できるならそちらのほうがおすすめですし、どうしても返せなくなったときのみ利用してください。